須崎市地球温暖化対策実行計画に基づく省エネ設備等導入事業(高知県須崎市)

高知県須崎市

事業実施年度 H29 
担当窓口

総務課

事業名 須崎市地球温暖化対策実行計画に基づく省エネ設備等導入事業
事業概要

本市では「エコ(ECO)☆ビジョンすさき~2030年への道のり~須崎市地球温暖化対策実行計画【事務事業編】」を平成28年度に改定し、2013年度を基準年度として、短期目標(2017年度~2019年度)までに25%、中期目標(2019年度~2021年度)までに30%、長期目標(2021年度~2030年度)までに40%の削減目標を定めた。
そして、その短期目標達成に向けて重点施策を定めており、本事業で対象とする「市役所本庁舎」、「総合保健福祉センター」、「市民文化会館」の3施設を削減重点化施設と位置付け、大きく効率の低下した空調設備・照明設備を高効率機器に更新、運用方法の改善を明示している。
また、同時に各施設にエネルギーマネジメントシステムを導入することで3つの施設のエネルギー消費を一元的に管理、適切な処置を行い、大幅な温室効果ガス削減を実現することを定めている。

設備導入施設:市役所本庁舎、ほか2施設
年間CO2削減効果(見込み):
303.3t-CO2(内、運用改善11t-CO2
総事業費:214百万円
補助金額:133百万円
完成年月:平成31年1月
(事業期間 平成29年7月~平成31年1月)

須崎市役所

事業の先進性・モデル性 本市の空調設備は建設当時からのものが多く、また、照明設備も一部更新はしているものの、大部分が建設当時からの蛍光灯で、エネルギー効率が非常に悪かったことから、全ての更新設備を平成28年度版L2-Techリストに掲載されている機器とした。
また、市役所本庁舎と総合保健福祉センターの2施設にエネルギーマネジメントシステムを導入することで各施設のエネルギー消費量を一元的に管理する。
さらに、クラウドにデータを収集し、市長以下各管理者が各施設のエネルギー使用量を閲覧できエネルギー使用量の管理が可能となる。各施設に導入するエネルギーマネジメントシステムは、データの収集と空調・照明などの設備の省エネ制御を行う。
カーボン・マネジメント体制の整備計画に基づく実施状況

計画の実効力を高めるために市長をトップ(エコ責任者)として、副市長を委員長、課長を委員とするカーボン・マネジメント推進委員会を設置し、実施状況の点検や評価、計画の見直し等を行うとともに、その結果を全課長等が出席する行政事務連絡会議で報告する。
そして、全庁的な取り組みとして、各課等にそれぞれエコリーダーとエコ報告員を任命し計画を推進するとともに、総務課ではエネルギーマネジメントシステムを活用した複数施設の面的なエネルギー管理を推進する。

カーボン・マネジメントに係るノウハウの普及方針に基づく普及実績

市役所の空調や照明の高効率設備の導入やエネルギーの見える化・省エネルギーに貢献する取り組みを率先して実施し、得られたノウハウ等を須崎市地球温暖対策実行計画(区域施策編)に基づき、区域の事業者等に広く普及することに努める。

設備導入施設
施設名 市役所本庁舎【庁舎関係】
施設写真

主な導入設備等

熱源・空調設備更新【熱源】

従来は308kwのチラーを2台で空調していたが今回の更新では負荷を見直し、稼働時のチラー効率を高く維持するために180kwのチラーを2台へ更新し最大限の省エネを図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前46.6t-CO2/年 ⇒ 更新後20.9t-CO2/年 削減率55.2%

ヒートポンプチラー

ヒートポンプチラー

チラー動力盤

照明器具更新【照明】

照明の更新にあたり、現在の間引き及び照度の見直しにより現状989台から更新後941台へダウンサイジングし、より大きなCO2削減を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前87.3t-CO2/年 ⇒ 更新後41.2t-CO2/年 削減率52.8%

LED照明

LED照明

LED照明

高効率変圧器への更新【その他】

変圧器を高効率なものに更新するとともに、照明などの負荷の低減などにより現状負荷にあった変圧器にダウンサイジングすることにより省エネを図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前12.9t-CO2/年 ⇒ 更新後6.3t-CO2/年 削減率51.2%

変圧器

変圧器

変圧器

エネルギーマネジメント設備【EMS】

エネルギーマネジメントシステムの分析結果レポートを定期的に作成し、本市役職員がエネルギー消費状況を把握できるようPDCAサイクルで運用方法の改善を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前41.2t-CO2/年 ⇒ 更新後39.1t-CO2/年 削減率5.1%

EMS盤

盤内部

設備導入施設
施設名 総合保健福祉センター【福祉関係】
施設写真

主な導入設備等

空調機器更新【空調】

ビル用マルチエアコンの負荷を検討し、ダウンサイジングのうえ、高効率タイプのものを選定し省エネを図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前83.0t-CO2/年 ⇒ 更新後52.3t-CO2/年 削減率37.0%

空調室外機

空調室外機

空調室内機

照明器具更新【照明】

更新に際して照度の見直しを実施し、台数的には691台から689台と大きく台数を減らすことはできなかったが、LED照明とすることにより消費電力としては大きく省エネとなる。

・省エネ効果(計画)

 更新前86.9t-CO2/年 ⇒ 更新後42.0t-CO2/年 削減率51.7%

LED照明

LED照明

LED照明

エネルギーマネジメント設備【EMS】

エネルギーマネジメントシステムの分析結果レポートを定期的に作成し、本市役職員がエネルギー消費状況を把握できるようPDCAサイクルで運用方法の改善を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前94.3t-CO2/年 ⇒ 更新後90.7t-CO2/年 削減率3.8%

電力計測器

電力計測器

電力計測器