富里市カーボン・マネジメント強化事業(千葉県富里市)

千葉県富里市

事業実施年度 H29 
担当窓口

市民経済環境部環境課

事業名 富里市カーボン・マネジメント強化事業
事業概要

当市の策定した「富里市地球温暖化対策実行計画」において庁舎等についてはより一層の保守・管理を追及するとともに、運用改善を積極的に取り組む事としており、設備機器の改修・更新にあたっては、環境省指定先進的高効率設備機器一覧等に掲げるトップランナーの設備機器を積極的に採用することとしている。本事業においては当市の大規模施設の吸収式冷温水発生機が多いことから、吸収式冷温水発生機3台を中心に空調機の高効率機器への変更、照明のLEDへの変更により、温室効果ガス総排出量削減目標40%(2030年度)・中間目標10%(2020年度)において本事業は重要な柱と考えている。

設備導入施設:中央公民館ほか3施設
年間CO2削減効果(見込み):
234.3t-CO2(内、運用改善0.8t-CO2
総事業費:445百万円
補助金額:198百万円
完成年月:平成32年2月
(事業期間 平成29年9月~平成32年2月)

富里市役所

事業の先進性・モデル性 電灯・動力の電力エネルギーの見える化・管理・課題発見・改善(運用、設備更新)を継続的に行うことができ、CO2削減へ繋げることができます。空調機器については、対象施設の特徴を考慮し、一部e-cutコントローラ導入によりスケジュール運転、設定温度範囲制限、消し忘れ防止対策を施し、一層のCO2削減への効果を期待する。照明機器については、単なるLED化ではなく、調光システムを導入し、照度補正の活用により更なる省エネを図る。また、最先端技術の無線調光システムの導入により省施工、省コストによるCO2削減の事例施設も計画している。使用エネルギー量については、天候・気温・湿度・利用人数等にも大きく影響をうけるので、気象庁のアメダス、過去の気象データーを活用し、最適なエネルギー利用につなげられるようデーター管理を実施する。
カーボン・マネジメント体制の整備計画に基づく実施状況

本実行計画の取組みについては、PDCAサイクルのシステムにより進捗管理を行うこととしている。また、活動状況をとりまとめ、実行計画推進委員会で審議を行い、1年間の活動状況を総括し、必要な指示を行うこととしている。

カーボン・マネジメントに係るノウハウの普及方針に基づく普及実績

県内においては、千葉県消防本部総務専門部会等にて取組を普及予定。
また、市内においては、富里市環境ネットワーク会議にて取組を普及予定。

設備導入施設
施設名 北部コミュニティセンター【文化関係】
施設写真

主な導入設備等

空調機の更新【空調】

空調更新により、省エネによるCO2削減と市民への快適な空間の提供に貢献をする。更新に際してマルチエアコンのグルーピングを使用状況から検討し、効率的なシステムとしてCO2削減を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前37.1t-CO2/年 ⇒ 更新後26.3t-CO2/年 削減率29.2%

空調室内機

空調用リモコン

空調室外機

BEMSの導入【EMS】

空調、電灯の見える化を図り、天候・気温・利用時間・利用人数から、エネルギー効率が最適な稼働方法を模索し、CO2削減に繋げる。分析結果により、照明であれば、照度補正機能の導入、窓ガラスへは遮熱フイルムの設置、部屋内の換気方法(シーリングファン・前日の全体換気)への検討へ繋げる。

・省エネ効果(計画)

 更新前71.3t-CO2/年(空調含む)⇒ 更新後69.2t-CO2/年 削減率3.0%

空調機動力盤(EMS設置)