美里町公共施設省エネ化モデル事業(宮城県美里町)

宮城県美里町

事業実施年度 H30 
担当窓口

町民生活課

事業名 美里町公共施設省エネ化モデル事業
事業概要

本事業で対象とするスイミングセンター、本庁舎、健康福祉センターにおける運用改善・設備更新措置により、118.4t- CO2 の排出量削減が可能であり、これは2030年度までに目標とする設備更新措置による削減量の37.5%となり、事務事業編の達成に向けた重要な取組の柱となる。
また、本事業ではエネルギーマネジメントシステムを導入し、省エネ活動の効果を定量的に把握できるようにすることで、今後、温室効果ガス排出量の削減効果を継続的に発揮させていくための取組のノウハウを確立・展開していくほか、東北地方においては、A重油や灯油を用いた暖房設備を導入している自治体が多く、このことが排出量を増大させている面もあることから、空調の燃料の切り替え等を含めたモデルケースを構築する。

設備導入施設:スイミングセンター、本庁舎、健康福祉センター
年間 CO2 削減効果(見込み):
2,464.0t- CO2 (内、運用改善697.8t- CO2
総事業費:245百万円
補助金額:163百万円
完成年月:令和3年1月
(事業期間 平成30年11月~令和3年1月)
※記載されている数値は、複数年の計画値となります。

美里町役場

事業の先進性・モデル性 本庁舎及び健康福祉センターでは、中央制御方式の熱源としてA重油ボイラ、灯油式冷温水機を使用しているが、建設当初の想定と比較してフロア・部屋ごとの利用率のバラつきが大きくなっており、中央制御方式の熱源による空調では効率が悪化している。このため、A重油式ボイラ、灯油式冷温水機を個別空調方式の電気式ヒートポンプエアコンへと切り替え、燃料の置換と運転の効率化による排出量の大幅な削減を行う。
電気式ヒートポンプエアコンに関しては、フロア・部屋ごとの稼働状況を踏まえ、ゾーニングを行い、適切な台数で必要な熱量が得られるようにした。特に健康福祉センターについては部屋ごとの利用状況を加味して機器の導入を決定した。照明については、照度シミュレーションを実施し、必要な照度が得られるよう既存照明をLED化するとともに、エネルギーマネジメントシステムによる制御を行い、照度調整や人感センサーと連動した制御を行うことで不要な電力消費を防止し、排出量の削減を図る。
カーボン・マネジメント体制の整備計画に基づく実施状況

本町では、町長をトップとするカーボン・マネジメント体制を構築し、実施マニュアルを整備している。実施マニュアルでは、PDCAサイクルを、全庁的な評価等を実施するPDCAサイクルと、実行組織内部の組織ごとに評価等を実施するPDCAサイクルの2つを規定しており、多層的なPDCAサイクルとしている。

カーボン・マネジメントに係るノウハウの普及方針に基づく普及実績

本町はCOOL CHOICEに賛同し、庁舎入口への掲示を行い町民への周知に努めている。今後は美里町出前講座の一環として省エネ、再生可能エネルギーの活用に関する講座を設け、町民等へ積極な活用を促すほか、民間事業者等とも連携し、環境学習等を含めた効果的な普及方策について検討を進める予定である。

設備導入施設
施設名 スイミングセンター【スポーツ関係】
施設写真

主な導入設備等

照明設備更新工事【照明】

LED化するとともに、照度シミュレーション及びエネルギーマネジメントシステムにより、現在の利用実態に応じた照度になるよう制御する。また、明るさセンサー・人感センサーと組み合わせ、不要な点灯等による電力消費を削減し、排出量の削減を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前31.9t-CO2/年 ⇒ 更新後7.7t-CO2/年 削減率75.9%

LED照明 玄関ロビー

LED照明 プール(誘導灯)

LED照明 プール

BEMSの導入【EMS】

明るさセンサー、人感センサーを用いながら、過剰な照度及び不要な点灯による電力消費を抑制する。令和2年度事業において、本庁舎へ導入予定の照明エネルギーマネジメントシステム活用により、施設毎排出量40%削減を達成した場合の想定原単位を目標として設定し、達成状況を把握するための指標として活用し、排出量の原単位分析を実施する。

・省エネ効果(計画)

 更新前7.7t-CO2/年 ⇒ 更新後4.7t-CO2/年 削減率39.0%

事務室BEMS

事務室BEMS

空調機ファンのインバータ化【空調】

現在熱源流量の制御は行われているものの、空調機ファンの制御が行われておらず定格運転となっていることから、空調機ファンのモータ更新とインバータ化し、夜間の回転率を制御することにより排出量を削減する。

・省エネ効果(計画)

 更新前64.0t-CO2/年 ⇒ 更新後19.5t-CO2/年 削減率69.5%

AHUファンコントローラー

インバータ―本体

AHU本体

電気式ヒートポンプエアコン【空調】

空調負荷を検討したうえで高効率なパッケージエアコンに更新しCO2削減を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前7.7t-CO2/年 ⇒ 更新後2.7t-CO2/年 削減率64.9%

事務室空調室内機

事務室空調室外機