市庁舎等CO2 排出削減に係る設備改修事業(京都府舞鶴市)

京都府舞鶴市

事業実施年度 H29 
担当窓口

総務部資産マネジメント推進課

事業名 市庁舎等CO2 排出削減に係る設備改修事業
事業概要

本市の公共施設140施設のうち床面積の大きな上位5施設(今回申請の2施設を含む)において、空調設備の熱源としてCO2排出量の多い重油焚き吸収冷温水機を使用している。2030年度の削減目標達成に向けて今後は順次、重油焚きからガス焚きへと燃料転換の実施を検討している。
また本市では「舞鶴市公共施設等総合管理計画」、「舞鶴市公共施設再生計画」により、施設延べ床面積を2045年度に2012年度比12%削減することを目標としており、その取り組みの一環として、今回事業を計画している西総合会館については平成28年度に公民館・郷土資料館を施設内に統合することで延べ床面積820㎡を削減したところである。これによるCO2削減効果は28t/年と推計している。

設備導入施設:舞鶴市庁舎ほか1施設
年間CO2削減効果(見込み):
222.2t-CO2(内、運用改善0t-CO2
総事業費:295百万円
補助金額:132百万円
完成年月:平成31年12月
(事業期間 平成29年11月~平成31年12月)

舞鶴市役所

事業の先進性・モデル性 吸収冷温水機は、現状の更新ではなくガス焚へ燃料転換を実施。
市本庁舎の吸収冷温水機については、現状の負荷測定からダウンサイジングを実施。また、ポンプの変流量制御を実施。
変圧器更新についても、現状の使用状況からダウンサイジングを実施し、無負荷損失の低減を図るとともに、負荷率を向上させることで高効率域での運転時間を拡大し、負荷損失の低減を図る。
照明改修については、照度センサーによる昼光利用制御を実施。既存BEMSを補完する電力計測機器を設置し、よりきめ細かな管理を行う。
カーボン・マネジメント体制の整備計画に基づく実施状況

現行のカーボン・マネジメント体制に新たに外部監査制度を導入することにより、より客観的な外部評価や専門的知見を有する者による助言などに基づいたPDCAを確立し、目標達成に向けたカーボン・マネジメント体制の強化・拡充を図ることとする。

カーボン・マネジメントに係るノウハウの普及方針に基づく普及実績

事務事業編に基づくCO2排出量削減実績及び取組内容を、市HPや冊子「環境白書」に掲載することなどにより、市民・事業者に広く情報発信を行い、市全体のCO2排出量の削減を牽引していく。

設備導入施設
施設名 舞鶴市庁舎【庁舎関係】
施設写真

主な導入設備等

照明のLED化【照明】

照明改修にあたっては、「H28アセットリスト基準」をクリアする高効率のLED照明器具を採用するとともに、建物が執務スペースに外光を十分取り入れられる構造となっていることから、照度センサーを設置し、昼光利用制御を行うことで69%のCO2削減を図る。また、既存BEMSを補完する計測装置を設置し、エネルギー使用状況をよりきめ細かに「見える化」し、運用改善につなげる。

・省エネ効果(計画)

 更新前77.0t-CO2/年 ⇒ 更新後24.1t-CO2/年 削減率68.7%

LED照明

LED照明

LED照明