公共施設省エネ設備等導入事業(北海道白糠町)

北海道白糠町

事業実施年度 H30 
担当窓口

企画総務部企画財政課

事業名 公共施設省エネ設備等導入事業
事業概要

2013年度比で2030年度に40%削減するためには、CO2 排出量を1,513t-CO2 削減が必要であり、本事業は、そのうちの323t-CO2 の削減を目指すものである。
省エネ対策の柱は、照明のLED化とボイラーの高効率化であり、役場や学校等の町民にとって身近な施設に対し取り組むものである。
ボイラーは、適正規模化によるダウンサイジングを基本に更新することとし、変圧器の省エネ化が遅れている社会福祉センターについては、LED照明の更新と合わせて変圧器の更新も取り組む。
本事業において、省エネ設備の更新に取り組む7施設のCO2 削減効果は、2030年度までの目標削減量の21.3%と2割以上に達することから、本取組は事務事業編の目標達成に向けた重要な取組みとなる。
また、LED照明を更新する施設のうち茶路小中学校、総合給食センターおよび公民館については、役場庁舎をクラウド管理のBEMSセンターとし、各施設をネットワーク化して、省エネデータの収集と見える化を図り、データ分析を定期的に行なうことにより、他の施設への効果的な展開を図る。

設備導入施設:役場庁舎、社会福祉センター、公民館、茶路小中学校、温泉プール、総合体育館、総合給食センター
年間CO2 削減効果(見込み):
322.7t-CO2 (内、運用改善0.0t-CO2
総事業費:300百万円
補助金額:176百万円
完成年月:令和元年12月
(事業期間 平成30年7月~令和元年12月)
※記載されている数値は、複数年の計画値となります。

白糠町役場

事業の先進性・モデル性 エネルギー設備の更新は、これまでは老朽化若しくは故障等により同規格・同規模のものを前提に入れ替えていたが、省エネ診断を実施のうえ、負荷特性やCO2 削減量等を考慮し、設備・システムの見直しを行ない、CO2 削減目標を設定のうえ毎年度PDCAによる進行管理を実施する。具体的なシステムの先進性・モデル性は以下のとおりである。
LED照明は、設備更新に併せて、役場庁舎、茶路小中学校および公民館にBEMSを新規導入し、人感センサー等により不要時の消灯促進を図る。
変圧器は、照明のLED化に合わせ、省エネ化が遅れている社会福祉センターについて更新する。
ボイラーは、実際の負荷を考慮し必要規模の見直しにより、ダウンサイジングを図る。
また、LED照明を更新する施設のうち茶路小中学校、総合給食センターおよび公民館については、役場庁舎をクラウド管理のBEMSセンターとし、各施設をネットワーク化して、省エネデータの収集と見える化を図り、データ分析を定期的に行なうことにより、他の施設への効果的な展開を図る。
カーボン・マネジメント体制の整備計画に基づく実施状況

町長のトップマネジメントのもと、主な対象施設ごとに定量的な削減目標を設定し、半期ごとにPDCAサイクルを実施するCO2 排出削減プロジェクトチームを立ち上げる。また、内部監査体制の強化に加え、住民等の外部の監査も加え、白糠町地球温暖化防止実行計画(事務事業編)の進捗管理を行うこととする。

カーボン・マネジメントに係るノウハウの普及方針に基づく普及実績

本町は道東地域に位置し、地域内における環境省事業の説明会を行う際には、事務局を務めるなど環境省の政策の普及啓発に努めており、今後の連絡会議等の際には本事業への取組みや実際の省エネ効果等について報告を行なう機会を設け普及啓発を図ることとする。

設備導入施設
施設名 役場庁舎【庁舎関係】
施設写真

主な導入設備等

ボイラー更新工事【熱源】

現状の負荷測定をもとに398kW×2台から232kW×2台へのダウンサイジングを行なった。

・省エネ効果(計画)

 更新前65.0t-CO2 /年 ⇒ 更新後33.6t-CO2 /年 削減率48.3%

ボイラー

ボイラー

照明設備更新工事【照明】

LED照明器具の選定は既存機器の光束等を考慮し機器選定を行った。公共品番に基づく選定を基本に、機器レイアウトの変更、天井補修、塗装工事等の付帯工事が発生しないよう既存のレイアウトのまま光束を既存機器に合わせる選定とした。

・省エネ効果(計画)

 更新前92.3t-CO2 /年 ⇒ 更新後31.9t-CO2 /年 削減率65.4%

LED照明

LED照明

調光用コントローラー

BEMS新設工事【EMS】

導入コストがサーバー構築型の1/3程度で済むクラウドサーバー型とした。役場庁舎においてBEMS設置施設の総合管理を行った。

・省エネ効果(計画)

 更新前31.9t-CO2 /年 ⇒ 更新後31.0t-CO2 /年 削減率3.0%

BEMS盤

BEMS制御盤

設備導入施設
施設名 社会福祉センター【福祉関係】
施設写真

主な導入設備等

照明設備更新工事【照明】

LED照明器具の選定は、既存機器の光束等を考慮し機器選定を行った。

公共品番に基づく選定を基本に、機器レイアウトの変更、天井補修、塗装工事等の付帯工事が発生しないよう、既存のレイアウトのまま、光束を既存機器に合わせる選定とした。

・省エネ効果(計画)

 更新前21.0t-CO2 /年 ⇒ 更新後7.7t-CO2 /年 削減率63.3%

LED照明

LED照明

LED誘導灯

変圧器更新工事【その他】

ダウンサイジングの検討を行ったが年間電力使用量は、約38(千kWh)であり、変圧器の容量も単相(30kVA)、三相(10kVA)と小規模であることから、LED照明により期待される電力削減量約21(千kWh)を考慮しても、変圧器のダウンサイジングは難しく、現状維持の容量でのトップランナー機器への更新とした。

・省エネ効果(計画)

 更新前2.8t-CO2 /年 ⇒ 更新後2.2t-CO2 /年 削減率21.4%

変圧器 受変電設備

変圧器 受変電設備

設備導入施設
施設名 公民館【文化関係】
施設写真

主な導入設備等

照明設備更新工事【照明】

LED照明器具の選定は、既存機器の光束等を考慮し機器選定を行った。

公共品番に基づく選定を基本に、機器レイアウトの変更、天井補修、塗装工事等の付帯工事が発生しないよう、既存のレイアウトのまま光束を既存機器に合わせる選定とした。

・省エネ効果(計画)

 更新前11.4t-CO2 /年 ⇒ 更新後3.7t-CO2 /年 削減率67.5%

LED照明

LED照明コントローラー

LED誘導灯

BEMS新設工事【EMS】

導入コストがサーバー構築型の1/3程度で済むクラウドサーバー型とした。

役場庁舎における統合管理を行った。

・省エネ効果(計画)

 更新前3.7t-CO2 /年 ⇒ 更新後3.6t-CO2 /年 削減率3.0%

BEMS盤

設備導入施設
施設名 茶路小中学校【教育関係】
施設写真

主な導入設備等

照明設備更新工事【照明】

LED照明器具の選定は、既存機器の光束等を考慮し機器選定を行った。

公共品番に基づく選定を基本に、機器レイアウトの変更、天井補修、塗装工事等の付帯工事が発生しないよう、既存のレイアウトのまま、光束を既存機器に合わせる選定とした。

・省エネ効果(計画)

 更新前33.8t-CO2 /年 ⇒ 更新後13.5t-CO2 /年 削減率60.1%

LED照明

LED照明

LED照明コントローラー

BEMS新設工事【EMS】

導入コストがサーバー構築型の1/3程度で済むクラウドサーバー型とした。役場庁舎においてBEMS設置施設の総合管理を行うと同時に共用部のスケジュール消灯制御を行った。

・省エネ効果(計画)

 更新前13.5t-CO2 /年 ⇒ 更新後13.1t-CO2 /年 削減率3.0%

BEMS盤

BEMS 計測器