麻生区役所ESCO事業(神奈川県川崎市)

神奈川県川崎市

事業実施年度 H29 
担当窓口

財政局資産管理部資産運用課

事業名 麻生区役所ESCO事業
事業概要

老朽化により効率の低下している設備について、部分負荷COPの高い熱源機へ更新し、付帯設備にはインバーターを設置するなど、システムCOPの向上を目的としたシステムに更新する。
また、還気CO2濃度と還気温度から空調機変風量制御を行い、省エネルギー化を図る。照明設備については、LED照明を導入、避難口誘導灯を高輝度タイプにすることで、消費電力量の削減を図る。さらに、BEMSを導入し、チューニングを行いながら最適なスケジュール運転を可能としている。区役所では来館者が非常に多い窓口があり、入り口に近い窓口は外気温の影響を受けやすいため、エアカーテンを導入することで、省エネルギー化を図る。

設備導入施設:麻生区役所【庁舎関係】
年間CO2削減効果(見込み):
124t-CO2(内、運用改善1.8t-CO2
総事業費:161百万円
補助金額:54百万円
完成年月:平成30年2月
(事業期間 平成29年8月~平成30年2月)

川崎市役所第3庁舎

事業の先進性・モデル性 麻生区役所では、冷温水発生機の制御出力により、INV変流量制御し、2次側負荷に見合った制御を行うことによる省エネ化や、空調機で還気CO2を計測し、自動でINVによる適正な変風量を行うことにより空調機への加熱・冷却負荷の低減を図る。照明設備については、LED照明を導入、避難口誘導灯を高輝度タイプにすることで、消費電力量の削減を図る。
また、設備導入後についてもESCO事業による運用改善を行い、施設管理者のみならず施設に働くもの全員が一丸となってCO2排出量の削減に取り組んでいく。これは、見える化やエネルギーマネジメント機器から得られるデータを徹底活用して、装置や設備のエネルギー使用量の最適化を図るに当り、運用・運転の側面からアプローチするもので、その成果に期待ができる。
カーボン・マネジメント体制の整備計画に基づく実施状況

川崎市温暖化対策推進本部をはじめ、4つの部会を設置し、CO2削減に向けた取組を進めている。また川崎市地球温暖化対策推進基本計画を策定し、川崎市環境審議会に報告を行うとともに、その意見を反映させることで、PDCAサイクルを基本とした適切な進行管理を行っている。
ESCO事業については公共施設等総合管理計画策定部署が中心となって取組んでおり、川崎市資産改革検討懇談会にて意見交換を行い、川崎版PRE戦略推進委員会に諮りながら推進している。事業実施後は、毎年のエネルギー使用量等を財政局資産運用課で集約し、また環境局にて管理しているエコオフィスシステムにて、市の公共施設全体での効果も把握できる体制となっている。

カーボン・マネジメントに係るノウハウの普及方針に基づく普及実績

アセットマネジメントの取組では、「資産経営・公民連携首長会議」や、「政令指定都市公共施設等総合管理主管者会議」で課題を発信し、情報交換を行っている。
ESCO事業については、積極的に取組を発信し、他都市からの照会回答や視察受入、本事業の取組の普及拡大を行っている。
地球温暖化対策推進の取組では、川崎市温暖化対策推進本部や4つの部会を通じて情報発信を行い、引き続きESCO事業が実施されるよう取組を推進していく。

設備導入施設
施設名 麻生区役所【庁舎関係】
施設写真

主な導入設備等

熱源高効率機へ更新【熱源】

中央熱源方式におけるエリア(各部屋)の負荷変動及び稼働時間の違いが大きく、更新する冷温水発生機は高効率で、しかも部分負荷COPの高い機種を選定した。

また、ポンプにおいても部分負荷の変動対応する為、インバーターを設置しシステムCOPの向上を図った。

・省エネ効果(計画)

 更新前107.3t-CO2/年 ⇒ 更新後69.7t-CO2/年 削減率35%

吸収式冷温水発生機

冷却塔

冷温水ポンプ

空調機外気取り入れ量の低減【空調】

加熱、冷却時は外気からの負荷が大きく影響する為、空調機の還気におけるCO2濃度を計測し、自動で外気取り入れ量を抑制するために空調機ファンにインバーター設置し可変するシステムとした。

・省エネ効果(計画)

 更新前62.6t-CO2/年 ⇒ 更新後37.2t-CO2/年 削減率40.5%

空調機

空調機

空調機

パッケージエアコン高効率機へ更新【空調】

既存のパッケージエアコンを高効率なものに更新し消費電力の低減を図る。

また、更新するパッケージエアコンはガスヒートポンプタイプとし高効率+自立型発電機能付きを選定し、災害時の避難場所としての機能の向上も図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前13.2t-CO2/年 ⇒ 更新後10.5t-CO2/年 削減率45%

パッケージエアコン室外機

パッケージエアコン室内機

パッケージエアコン室内機

LED照明ダウンサイジング更新【照明】

照度基準をもとに検討し照明の台数を減らすとともに避難口誘導灯を高輝度タイプにすることで、消費電力量の削減を図る。

・省エネ効果(計画)

 更新前76.7t-CO2/年 ⇒ 更新後20.5t-CO2/年 削減率73.3%

LED照明

LED照明

LED照明

環境改善による省エネ(エアカーテン)【空調】

削減量 0.3t-CO2

BEMSの導入【EMS】

チューニングを行いながら最適なスケジュール運転を可能としている。